外壁塗装業者を探すin福岡とは

外壁塗装とサイディング

外壁を修繕する際の方法は大きく分けて2つあります。

外壁塗装と外壁サイディングです。

外壁塗装とは、外壁を塗装することによって修繕する方法です。

塗料を塗ったり吹き付けることで、外壁表面を保護します。

メリットととしてデザインや色を自由に選ぶことができ、塗り替えるだけですので、重量付加が建物にかかることはほとんどありません。

一方で外壁サイディングとは、サイディングと言われる外壁材のボードを貼り替えて修繕する方法です。

いずれも、ヒビや剥がれなどで劣化した外壁を修繕する方法です。

分かりやすく言えば板状のパネルを貼り付けていくというものです。

そのパネルのデザインや色も豊富にあり、耐火性・耐久性などに優れたものが多いです。

素材もいろいろでセメントやセラミック、金属といろいろです。

それぞれの特徴が違いますので、条件にあった修繕方法を選択すようにしましょう。

外壁塗装の方がサイディングに比べ1回の施工費は低めです。

ですが、塗装は定期的に塗り直しが必要になりますので、トータルして考えた場合サイディングよりコストがかかってしまいます。

外壁と言うのは常に外気にさらされているため、ダメージを受けやすいものです。

それを補修するための方法として外壁塗装と外壁サイディングとがあります。

外壁塗装は、簡単に言えば塗り直しです。

ですがただ塗りなおすだけではなく劣化している部分の補修をしっかりし、保護もしてくれます。

一般的な工程としては、まず外壁の洗浄と補修をします。

そして下塗りと中塗りでしっかりと保護をし、デザインや色重視の仕上げ塗りをします。

これで、しっかりと補修と保護ができお好きな色の外壁で外観を楽しむことができるのです。

そしてもう一方の外壁サイディングとは、簡単に言ってしまえば、外装材を貼り付けて補修と保護をするという方法です。

外装材のデザインや色も豊富で、耐火性や耐久性なども考慮されたものが多いのが特徴です。

ただ塗りなおすだけではなく、1枚外装材を貼るという事になりますので、強度も増すのです。

一般的な工程としては、外壁の洗浄と補修、そして外装材を貼るための下地金物の取り付けをし、その上に外装材貼りを施します。

いずれもメリット・デメリットもありますので、施工前によく考えてから決めるようにしましょう。