外壁塗装業者を探すin福岡とは

外壁塗装の塗り替え時期

外壁塗装の塗り替え・・・なんてことを自ら考えるというご家庭は実は少ないのです。

その家に住み始めて10年近くの頃になると外壁塗装業者がやってきて「外壁がダメージを受けているので塗りなおしませんか?」

とやってくるようになります。

そうなって初めて少し外壁について気にするようになると言います。

ですが築20年とかならまだしも、まだ築10年以内だと本当に必要なのかな?

と考えてしまうと思います。

実際の塗り替え時期の目安ってどのくらいなのでしょうか?

外壁塗装の耐久年数は建設時の施工の仕方や素材、そして環境や場所によって変わってきますので一概には言えませんが、目安として15年くらいの場合が多いと言います。

もちろん直射日光が当たりやすい場所だったり台風や雨が多い地域だと受けるダメージは大きいので、もう少し短いという場合もあります。

施工業者などの営業マンはそんなにダメージを受けていなさそうな場合でも営業をかけてくることもあります。

中には一部ですが良くない業者もありますので、そういった営業に惑わされないで、しっかりと自分の家の外壁をチェックし必要を感じたら外壁塗装業者に相談するようにしましょう。

外壁塗装はどのぐらい持ちますか?

という質問は多いですが、耐久年数は立地や環境、そして建設時の施工方法で変わってきますので、一概には言えません。

また、一言で外壁塗装と言ってもそれは素材によって違ってきます。

主に使われる素材で言えばウレタンで7年、シリコンで12年、フッ素加工で15年など様々です。

地区10年近くになると塗装業者などが「塗りなおしませんか?」

と営業にやってきます。

そこで初めて意識し考え出すという人が多いです。

ですが、こういった年数はあくまでも基準なのです。

耐久年数が10年の塗料の場合でもヒビや剥がれがなく汚れだけが少し気になる・・・くらいですと「まだいいかな」

となりますし、耐久年数より早くひび割れなどのダメージが気になれば雨漏りなどの心配もありますので、その時点で塗装しなおした方がいいと言えます。

目安の年数だけで決めるのではなく、しっかりと外壁をチェックして決めるようにしましょう。

無料で診断してくれる業者もありますので、相談してみるというのもいいでしょう。